前へ
次へ

カフェと喫茶店の違いとはどのようなものなのか

カフェと喫茶店は、どちらも似ているように見えますが、お店を開業する際に提出する営業許可が異なります。
カフェの場合は、飲食店営業許可を取っていて、取得する場合はこちらの方がとても難しいものとなっています。
そうでない場合は、喫茶店営業許可が必要となり、これは飲食店営業許可よりは取得が容易なものとなります。
また、違いは申請方法だけではなく、作れるものや出来ることなどが大きく変わって来ます。
飲食店営業許可で開業するカフェの場合は、アルコールや食事の調理を行い、提供を行うことが出来るようになっています。
しかし、喫茶店営業許可では、アルコールの提供をすることや単純な加熱調理以外の食事の提供をすることは出来なくなっています。
その為、名称が似ていると言っても、提供出来る内容には大きさ違いが出てくるのです。
自分でお店を出す場合には、この2つものに注意して自分は何をしたいのかで考えることがとても大切になります。

Page Top